日本語
返回

文章

首页

A+ A A-

返回

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催

2017-10-22 17:43:47

   中日国交正常化45周年の今年、書道を通じて中日両国青少年の相互理解と友情を深めるため、「第2回中日青少年書道交流及び友好宣誓大会」が21日、北京の中国人民対外友好協会で開催されました。中国人民対外友好協会の李希奎秘書長、在中国日本国大使館の福田高幹参事官など中日両国政府代表、書道家、書道愛好家、さらに中日両国の学生100人が出席しました。

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催

   大会は各方面の関心を集めています。日本の鳩山由紀夫元首相は祝賀のメッセージで、「参加される一人一人の友情の体験と平和への思いが将来の友好関係の強化に繋がるものと信じている」とし、日本中国友好協会の丹羽宇一郎会長は、「このような取り組みの積み重ねこそが、将来の友好関係構築に寄与するものだ」と大会の深い意義に理解を示しました。

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催

   また、中国人民対外友好協会の李希奎秘書長は、「大会を通して、中日両国の青少年は再び平和友好の誓いを唱えた。中日両国の平和友好の事業が代々続いていくものと信じている」と両国の友好関係を願いました。

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催

   さらに在中国日本国大使館の福田高幹参事官は、両国国民の相互理解の重要性を改めて強調し、「若い世代が本大会で日本文化に接し、日本の友人を作り、これからの日中関係を背負う世代になってほしい」との期待を示しました。

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催

書道で繋ぐ中日関係「中日青少年書道大会」開催