日本語
返回

文章

首页

A+ A A-

返回

10月9日 火曜日

2018-10-09 20:39:12

   1時間目 CRI時事解説」非難の背後にある焦燥&「美しい農村づくり」の現場では~海南省中廖村での見聞(上)

      担当:王小燕、斉鵬

10月9日 火曜日

 北京では爽やかな秋の空が広がる日が続いています。

 今週の番組、「CRI時事解説」では「非難の背後にある焦燥」と題するCRI論説委員の文章を紹介します。

10月9日 火曜日

10月9日 火曜日

 後半の「スペシャル・バスケット」では、「美しい農村づくり」(美麗郷村建設)を進めている最中の海南省中廖村での見聞をお届けします。

 中廖村は海南省三亜市の郊外(吉陽区)にあります。村の面積は454ヘクタール、815世帯、3402人の村人がいます。ここは悠久な歴史があるリー族の集落。治安が良く、昔からの村並みがとても良い状態で保管できている村落でもあります。2015年から、「美しい村」(美麗郷村)建設という国からの呼びかけをはじめ、木を切らず、古い家屋を取り壊さず、土地を収用せず、池を埋め立てないことを厳守し、農業と観光を融合した新しい発展の道を模索するようになっています。

10月9日 火曜日

10月9日 火曜日

 その美しい環境と濃厚なリー族の文化、風俗に引かれて、2017年、本部が深せんにあるデベロッパーが、村と提携する形で、観光開発に参加しました。空家をリー族風の民宿にリフォームしたり、子供向けの農業体験のスペース、伝統文化の教習所などを整備している最中です。こうした取り組みにより、昔は出稼ぎに町部へ出ていた若者たちも戻りつつあり、村が発展の良いサークルをたどるようになっています。この村は現在は、三亜では観光業の盛んな村としても知られています。

10月9日 火曜日

10月9日 火曜日

 2時間目 稲作技術者・藤原長作氏が中国に残したもの~拓殖大学・岡田実教授に聞く(上)