日本語
返回

文章

首页

A+ A A-

返回

重庆开通直飞东京航线(重慶・東京間の直行便が就航)

2016-02-24 15:16:07 CRI

重庆开通直飞东京航线(重慶・東京間の直行便が就航)

 14日下午重庆首条直飞日本东京的航线正式开通。这也是重庆继大阪后开通的第二条直飞日本的航线。

 重庆至东京航线由春秋航空日本公司执飞,采用波音737-800型客机,每周二、四、五、日执飞。这也是日本低成本航空公司首次入驻重庆机场。该航线从东京成田机场起飞的时刻为09:05,预计抵达重庆江北机场时刻为14:20(以上均为当地时间)。重庆出港时刻为15:25,预计抵达东京成田时刻为20:35。

 未开通重庆直飞东京航班前,重庆旅客前往东京需要从上海、北京等地中转,行程需要至少7至8小时。开通直航后,重庆至东京单程仅需5小时,极大增强了旅客出行的便利性。目前该航线机票正在促销,往返含税价格约为1000元人民币。



 中国西部の都市重慶と東京を結ぶ直行便が14日午後に就航しました。これは大阪便に次いで重慶と日本を結ぶ2本目の直行便となります。

 この直行便は中国系格安航空会社(LCC)の春秋航空(日本)が運営し、ボーイング737-800型機で、火曜、木曜、金曜、日曜の週4往復で、往路は午前9時5分(日本時間)に成田を出発し、午後2時20分(北京時間)に重慶江北国際空港に到着します。復路は午後3時25分(北京時間)に重慶を出発、午後8時35分(日本時間)に成田に到着します。

 これまで、重慶から東京までは上海や北京を経由して7、8時間ほどかかっていましたが、直行便の就航によって、所要時間は5時間にまで短縮されました。また、就航に伴う激安キャンペーンを実施中で、往復航空券の税込み価格はわずか1000元ほど(日本円で約1万7400円)だということです。