日本語
返回

文章

首页

A+ A A-

返回

何大斉

2017-02-28 15:13:46

 何大斉作品はこちらへ

何大斉

  1940年北京の生まれ。原籍は浙江省紹興市。中国美術教育学会会員ならびに北京市書道家協会会員。詩や文章に長け、書道、絵画にも通じる。

何大斉

何大斉

   何大斉氏は読書家の家庭に生まれ、幼い頃から家伝の学問を研究し、その後、書道の大家である邱松岩氏に弟子入りしました。人物肖像画と書道に特に精通しています。また、人物画と書道の教育指導にも豊富な経験を持ち、大きな成果を挙げてきました。代表作には、長さ16メートルの水彩墨画作品『中国歴史文化名街--煙袋斜街』、35メートルの水墨画作品『京西古道--模式口』などがあります。

何大斉

   2015年に中国国際放送局が主催した『和して同ぜず・東北アジア書画展』の北京展示会と湖北省黄岡展示会、および2016年8月にモンゴルのウランバートルで開かれた展示会には行書作品『一帯一路絵鴻図』が出展されました。(李陽、謙)

何大斉

何大斉